コラムコラム

いつの間にか進行する歯周病の症状とは?


歯のトラブルの原因は虫歯が多いと思いがちですが、歯を失ってしまう原因の第1位は歯周病です。
歯周病は40代になると3人に2人がかかっている身近な病気です。
そして、歯周病は自覚症状が少なく、気づいた時には進行していることも少なくありません。
そこで今回は歯周病の進行と症状や検査方法について詳しくご紹介しますのでご自身のお口の状況を確認してみてくださいね。


いつの間にか進行する歯周病の症状とは?
歯周病の検査方法

ポケット検査
歯周病が進行すると、歯と歯ぐきの境目の歯周ポケットが深くなります。
健康な状態では歯周ポケットは2ミリ程度なのですが、歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなっていき3ミリ以上になり、それに伴って歯を支えている骨も少しずつ減っていきます。

そのため、歯周ポケットを測定するためにプローブという器具を使用して歯周ポケットを測定します。
同時に炎症が起きている時にプローブで測定すると出血もあるので、出血の状態も確認します。
 
レントゲンによる審査
あごの骨の状態は目で見て確認することができないので、レントゲン撮影をして確認します。
レントゲンを撮影すると、骨の状態が確認することができ、歯周病の進行度合いも確認することができます。
その他には骨密度も確認することができ、骨密度が小さいと黒く見え、大きいと白く見えます。

動揺度の検査
歯の動揺度はピンセットで確認します。
健康な歯でも少し動くことはありますが、歯周病が進行すると歯を支えている骨が減って進行すると、歯が動くこともあります。
 
動揺度の進行度
動揺度1 前後に動く場合(一定方向)は動揺度1です
動揺度2 前後だけでなく左右にも動く場合は動揺度2です
動揺度3 前後左右に加えて上下にも動く場合は動揺度3です

歯周病の進行度

歯周病になっていない健康な状態
健康な歯ぐきはコーラルピンク色をしており、歯ぐきがしっかり引きしまっています。 
歯周ポケットも2ミリ程度なので、汚れも着きにくい状態です。
歯磨きをしても出血することはありません。
 
歯肉炎
歯肉炎になると歯ぐきが赤くなることや歯磨きの刺激でも出血することがあります。
歯肉炎の段階は炎症が歯ぐきにとどまっている状態であごの骨には影響がありません。
歯周炎になるとあごの骨にも影響を及ぼします。

歯周炎(軽度)
歯ぐきの炎症が進行して、歯周ポケットも3~5ミリ程度になります。
歯周炎の軽度の段階は歯周病菌が歯周組織を破壊し始めて、あごの骨がとけ始めている状態です。
この段階ではまだ自覚症状も少なく、見過ごしてしまうことも少なくありません。

歯周炎(中等度)
歯周病が進行して、炎症も進み歯周ポケットも4~7ミリと深くなっていき、あごの骨がさらに溶けて歯が揺れることがあります。
歯周ポケットが深くなると、深い部分にも汚れがついて歯石になり、さらに汚れがつきやすくなります。
 
この段階は歯ぐきの腫れや出血、膿なども出ることがあります。
そのほかの症状としては、歯ぐきが下がり、冷たいものがしみる知覚過敏の症状が出ることもあります。
 
また、自覚症状が出て歯周病もかなり進行しています。
歯周病が進行すると、治療に時間や費用もかかってしまうので早めに治療して対処しましょう。

歯周炎(重度)
歯周ポケットは6ミリ以上で歯がかなりグラグラ動いている状態です。
歯を支えている骨がかなりなくなり、このまま放置すると歯を抜け落ちてしまうこともあります。
症状は何もしていなくても膿や出血があり、口臭も強くなります。
 
また歯がグラグラ動いてかむことで痛みが出るので食事をすることがストレスに感じます。
症状が進行して、上下に歯が動くと歯を残すことも難しくなります。


いつの間にか進行する歯周病の症状とは?
歯周病の進行を止めるには?

治療法

歯周病の治療は歯周病菌のすみかになっている汚れや歯石をしっかりと除去することです。
歯周ポケットが深くなると、歯磨きだけでは汚れが落としきれずに残ってしまうことが多くなります。
この汚れを専用の器具で落とすスケーリング・ルートプレーニングを行って、歯の面を滑沢にして汚れが着きにくい様にします。
歯周ポケットが深い場合には麻酔をして除去する場合や、状況によっては歯ぐきを切開して汚れを確認しながら除去するフラップ手術を行うこともあります。
 
セルフメンテナンス法

歯周病の治療をしても、毎日の汚れをしっかり除去しないとすぐに汚れがついて歯周病が進行します。
治療をすると、歯の面がツルツルして汚れが着きにくくなるので、その状態をキープすることが大切です。
そのためには毎日のセルフケアでしっかりと汚れを除去することが大切です。
セルフメンテナンスでは、歯磨きで汚れを落とすことが重要ですが、汚れが着きやすい部分や苦手な部分では歯ブラシだけでは十分に汚れが落とせないこともあります。
そのため、デンタルフロスや歯間ブラシを併用して歯と歯の間の汚れを落としましょう。
 
そのほかには、自分に合った歯ブラシを使用することや殺菌効果のあるマウスウォッシュを使うこともおすすめです。

プロフェッショナルケアとブラッシング指導

毎日歯磨きをしていても、苦手な部分や磨きにくい所は汚れが残ってしまうことがあります。
また、歯磨きには『くせ』があり、自分では気づかずに磨き残しがあり、その部分が歯周病の原因になることも少なくありません。

そのため、自分では落としきれない汚れは定期的に歯科医院で汚れを落としましょう。
その際には、汚れがどこに着いているのか、その部分の汚れはどの様に落としたら良いかブラッシング指導をして、毎日のケアに役立てていただきます。
また、お口の状態を確認して虫歯やそのほかに不具合がないか、歯周病が進行していないかなどチェックができるので、もし調子が悪い部分が合ってもすぐに対処ができます。
お口のトラブルは早い段階で対処すると期間も短く、痛みも少ないことが多いので、定期的に歯科医院で確認しましょう。

歯周病の治療をした後はその安定した状態を保って、いつの間には進行する歯周病を予防することが大切です。
 
そのためには、毎日のセルフケアと定期的なプロフェッショナルケアを行ってきれいなお口の状態をキープしましょう。

コラムコラム

Arrow
Back to Top