コラムコラム

予防歯科を活用し、80歳まで20本の歯を維持できる健康なお口づくりを!

最近よく耳にする「予防歯科」について皆さんはどれくらいご存知でしょうか?日本ではまだまだ歯科医院=虫歯を治すところというイメージが強く、あまり聞きなれない用語かもしれませんね。歯科医院はトラブルが起こってから治療をする場ではなく、虫歯でなくても医院を活用することのできる「予防歯科」というシステムがあります。今回は予防に重点を置くことの大切さについてご紹介したいと思います。

予防歯科を活用し、80歳まで20本の歯を維持できる健康なお口づくりを!

予防歯科とは

虫歯や歯周病など口腔内の病気にならないよう、事前に予防することで歯科受診することを「予防歯科」といいます。日本では虫歯の痛みや腫れ、歯周病の悪化に伴う症状が現れてから歯科受診する人が多いのが現状。まだまだお口の健康を守るために定期的に歯科に通うという人は少ないようです。


・80歳まで20本の歯を維持しよう!

厚生労働省が指針している8020運動をご存知ですか?80歳までに20本自身の歯を維持しようという目標を掲げたものです。自分の歯で食事ができるということは、消化・吸収を助け、健康増進や生活の活力に繋がります。

そのために「予防歯科」はとても重要です。トラブルを起こしてからではなく、トラブルが起きないように歯や周辺組織を守ること健康に年齢を重ねていくことに繋がります。


・予防歯科は「健康保険」が適応ではない

日本では歯科治療の多くが健康保険制度の適応です。しかし予防歯科に関しては健康保険制度の適応外となっているため、何も症状が無いのに受診することに抵抗を感じる人もいるのかもしれませんね。

しかしインフルエンザの予防接種を受けたり、手荒いうがいをしたりマスクをしたりするのと同じで、罹った時のリスクを考えて予防対策するのと同じです。

口はさまざまな菌の侵入経路にもなりますし、口内環境が悪いと全身の健康にも悪影響を及ぼす要因にもなります。ぜひ予防歯科の知識を深め、口腔内を始めとする全身の健康を守るために「予防歯科」に取り組んでいただきたいと思います。

予防歯科を活用し、80歳まで20本の歯を維持できる健康なお口づくりを!

予防歯科はどんなことをするの?

予防歯科ではどんなことをおこなうのでしょうか?

歯科医院によって差がありますが、一般的によく取り組まれている内容をご紹介します。


・定期的な口腔内診査

虫歯や歯周病の治療が終了しても、その後日常生活を過ごす中で再発したりすることも考えられます。定期的に歯科検診を受け、口腔内をしっかり診察してもらうことで、もしも再発していても早期発見・早期治療で被害を最小限に抑えることができます。


・口腔内のクリーニング(PMTC)

 自宅で日常的に歯磨きをされている方がほとんどだと思いますが、100%食べかすや歯垢を除去することは難しいものです。定期的に歯面に沈着した歯垢や歯石、着色汚れなどを専用の器械や器具で丁寧にクリーニングすることで、虫歯や歯周病、口臭などのトラブル予防につながります。


・さまざまな検査で体質チェック

虫歯や歯周病には、歯並びや唾液などの口腔内環境によって「なりやすい・なりにくい」に個人差があります。歯並びの環境、歯周ポケットの深さ計測、唾液の成分検査、口内細菌の検査、口臭検査など、さまざまな口腔内環境を調べる検査があり、必要に応じて提案される場合もあります。すべての検査がどの歯科医院でもおこなわれている訳ではありませんので、ご希望の方はは事前に検査可能かどうか確認されるとよいでしょう。


・日常生活のセルフケアスキルの向上

定期的に歯科医院に通っていたとしても、口腔内トラブルを100%予防することはできません。口腔内トラブルの予防には、日常おこなっているセルフケアが最も重要なのです。

歯並びや唾液の成分、口腔内環境は人それぞれ。その人に合った歯磨きの仕方や生活環境の改善法など歯科医師・歯科衛生士といったプロからレクチャーを受けることで、予防効果を向上させることに繋がります。


・フッ素塗布

直接的な虫歯予防効果の向上として、フッ素塗布をおこなっている歯科医院はたくさんあります。フッ素は歯質を強化し、虫歯の原因となる酸に溶けることを予防してくれますし、初期虫歯であれば歯質の再石灰化を促し、進行抑制と修復をおこなってくれる成分です。また、口内に常在する虫歯の原因菌の活動を抑制する効果もある優れものなのです。子どもの虫歯予防には勿論、大人の虫歯予防にも活用されています。

予防歯科を活用し、80歳まで20本の歯を維持できる健康なお口づくりを!

予防歯科を受けることで得られるメリット

予防歯科は受けて何もなければそれで終わりという訳ではありません。受診することでさまざまなメリットに繋がります。ぜひ活用していただきたいと思います。


・健康な口腔内の維持

予防歯科として定期的に歯科医院を受診することで虫歯や歯周病の兆候が解ったり、もしも発症していたとしても重症化する前に発見することができます。そして軽度なうちに治療や改善に取り組めるため、健康な歯や歯ぐきを維持することに繋がります。


・トータル的に治療費の軽減につながる

前述のように、確かに予防歯科は保険適応ではありません。とはいえどの歯科医院も高額な価格設定にしていることはまず無いでしょう。それよりも、虫歯や歯周病が重度になって治療する方が、保険適応であっても数千円~数万円。また通院回数も何度もかかることもあります。時に口腔内環境の悪さから、全身的な病気を発症する要因になることもあります。そうなれば医科でも受診が必要になります。トータル的に考えると、予防歯科の方が医療費の軽減に繋がるのです。


・健康意識の向上・維持につながる

歯科は受診している間は「今後は虫歯や歯周病にならないように頑張ろう!」という意識が高くなります。しかし治療が終わり日常生活に戻ると、生活習慣が同じであれば再発の可能性が高くなってしまいます。

定期的に歯科受診することで再度意識を高めることができ、健康維持に対するモチベーションの継続につながります。また、定期的にブラッシング指導や食事についての知識などを歯科医師や歯科衛生士から受けることで自身の健康への知識も増え、自分の健康のために予防を継続しようという意識向上にも繋がります。

予防歯科を活用し、80歳まで20本の歯を維持できる健康なお口づくりを!

まとめ

予防歯科は「虫歯や歯周病の治療を必要としない口腔内環境」を維持することが最大の目的です。実際には治療はしませんが、虫歯や歯周病にならないための口腔内環境に改善していくという意味では、ある意味最善の治療とも言えることかもしれません。

虫歯や歯周病は初期段階で自覚症状が無く、自身で気づく頃にはかなり進行していることが多いため、ぜひとも定期的に予防歯科として検診を受けることをお勧めいたします。

コラムコラム

Arrow
Back to Top