コラムコラム

歯医者さんを選ぶ基準は?選び方は?

皆さんはどのような基準で、治療を受ける歯医者さんをお決めですか?「家から近い」「診療時間」「医院内雰囲気」など様々な理由で歯医者さんを選んでいるのではないでしょうか。しかし中には、「自分に合った歯医者さんをどうやって見つけるのか、分からない」と、お悩みになっている人も少なからず見受けられます。そこで今回は、自分に合った歯医者さんの選び方について、詳しくご紹介して参りたいと思います。
歯医者さんを選ぶ基準は?選び方は?
何を目的に治療を受けるのか?

まず、自身が何を目的に歯医者さんで治療を受けたいのか、明確にしましょう。「インプラントを入れたい」のか、「矯正がしたい」のか、「歯を白くしたい」のか、その治療目的によって歯医者さんを選ぶ基準が異なっていきます。

 

例えば、足の骨折をしたら「整形外科」を受診、耳が聞こえづらくなったら「耳鼻咽頭科」を受診するように、歯科医療においても、矯正を希望するならば「矯正歯科」、歯を白くしたいと希望するならば「審美歯科」、インプラント治療を希望するならば「インプラント科」と、希望する治療内容と歯医者さんが掲げる診療科目を照らし合わせ、歯医者さんを選びましょう。
歯医者さんを選ぶ基準は?選び方は?
信頼における歯科医師の存在

歯科治療において、信頼における歯科医師の基で治療を受けることが大切です。特に治療内容について、希望や不安な気持ちを汲み取ってくれ、インフォームドコンセントを重視している歯医者さんを選びましょう。

 

インフォームドコンセントとは、なぜ治療が必要なのか病名、症状、どのような工程で治療を行なうのかを患者さまが理解し、同意の上で治療を受けるために行われ、治療成功へ繋がる大切なプロセスとなります。

 

特に大きな治療を行う場合には、ただ病状を説明し、同意書に記名するだけでは、患者さまの不安や疑問はぬぐえず、「患者知る権利」、「自己決定権」を奪いかねません。

 

インプラント治療を受ける際にも同様に、カウンセリングを含むインフォームドコンセントが十分に行われない場合には、歯科医師との信頼関係を脅かす事態に発展するリスクも伴うことから、信頼における歯科医師の基で治療を受けましょう。
歯医者さんを選ぶ基準は?選び方は?
十分な設備が整っているのか

歯医者さんを選ぶ基準として、「十分な設備が整っている」ことが重要です。治療を行なうユニットはもちろんのこと、以下が主な歯科医療設備となります。

 

・レントゲン

目に見えない、骨の中の状態を確認する場合に必要となるレントゲンです。初診時にお口の中の状況を把握するために、撮影することが一般的であります。

 

・CTスキャン

レントゲンで得られる情報は限られてしまうため、インプラント治療などで必要となる神経や血管の走行、インプラントを埋入する予定の周囲組織の状況を3次元的に解析できるため、外科的治療を行なう際には欠かせない設備となります。

 

・オペ室

インプラントなどの外科治療を行なう歯医者さんでは、オペ室が設けられています。ホコリや粉塵、飛沫感染、接触感染、空気感染を防ぐことが可能となります。また、一般治療で着用している白衣ではなく、オペ室では滅菌された手術着を着用することが好ましく、清潔な環境下で治療できることが求められています。

 

・口腔外バキューム

歯や補綴物の削りカス、唾液や血液をはじめ、歯科治療ではお口の中以外でも入れ歯を削ったり、仮歯を作製したりと、空気中に目に見えない細かな粉塵が処置室内に飛び散ります。それら粉塵を口腔外バキュームで吸引する歯科設備となります。

 

・レーザー

口内炎治療、歯肉切開に活用され、一般的なメスを使用した処置よりも綺麗に切開することが可能であり、術中の出血量を抑え、治癒も早いとされています。

 

・マイクロスコープ

脳外科手術などでも使用されているマイスクロスコープは、患部を520倍に拡大し、明瞭な視野を確保し、目視だけでは困難であった治療を可能にします。

歯医者さんを選ぶ基準は?選び方は?
徹底した衛生管理

院内感染対策を徹底している歯医者さんを選びましょう。歯科医療における院内感染を予防することは非常に重要であり、院内感染を怠っている場合には、以下のような疾病に感染するリスクをともなうために、注意が必要となります。

 

【血液や体液を媒介して感染する恐れのある疾病】

HBVB型肝炎ウイルス)

HCVC型肝炎ウイルス)

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)

 

【空気感染する恐れのある疾病】

・水痘

・結核

・麻しん(はしか)

 

【飛沫感染する恐れのある疾病】

・風疹

・流行性耳下腺炎

・インフルエンザ

 

これら疾病を予防する対策は以下の通りとなります。

 

ディスポーサブル用品の徹底

歯科治療をおこなう際には、多くのディスポーサブル品を患者さまごとに交換して、対応しています。しかし、経費削減などの理由から使い回すケースも報告されており、ディスポーサブル品を使い回すことは、院内感染対策とは言えず、疾病に感染するリスクが高まります。

 

以下が歯科治療で使用する、主なディスポーサブル用品です。

 

・手袋(グローブ)

・マスク

・エプロン

・紙コップ

 

【滅菌管理の徹底】

お口の中で使用する器具や血液、唾液が付着する可能性がある医療機器は、滅菌管理が必要となります。例えば、ミラーや探針、ピンセットなどを滅菌器にかけて、120度以上の熱であらゆる菌を死滅させ、無菌状態となったそれらを、新たに患者さまへ使用します。

 

また、歯を削るドリルであるタービンヘッドも、歯に直接触れることはありませんが、お口の中に入れる器具であり、血液や唾液、粘膜に触れる恐れがあり、タービンヘッドを滅菌せずに使い回していると、院内感染となるリスクが高まります。

 

院内感染を避けるために患者さまごとに滅菌をかけ、院内感染に努めている歯医者さんを選びましょう。

歯医者さんを選ぶ基準は?選び方は?
まとめ

以上、今回は歯医者さんを選ぶ基準や選び方について、ご紹介して参りました。治療を成功させるには、自身が何を目的に治療を受けるのか、診療科目と照らし合わせ、信頼における歯科医師であるか、設備は整っているか、衛生管理はしっかりと行われているのか、しっかりと見極めて、歯医者さんを選びましょう。

 

当院で治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

コラムコラム

Arrow
Back to Top