コラムコラム

注目されているセラミック治療とはどんな治療?詳しく解説!

皆さんは「セラミック治療」をご存知でしょうか。近年、多くの歯科医院でも取り扱われるセラミック治療ではございますが、その治療法をご存知ではない人、治療法の存在はしっているが詳しく把握していない人も多く見受けられます。そこで今回は、セラミック治療とはどのようなものであるか、詳しくご紹介して参りたいと思います。
注目されているセラミック治療とはどんな治療?詳しく解説!
セラミック治療のセラミックとは?

セラミック治療のセラミックとは“陶器”であり、天然歯と近い色合いを再現できるため、人工歯だと見分けがつかない仕上がりになっています。セラミックは、包丁やスペースシャトルの外壁、更には人工関節などにも採用される、親和性に優れた素材です。
注目されているセラミック治療とはどんな治療?詳しく解説!
従来の治療方法と何が違うの?

従来の治療では“銀歯”と呼ばれる金属で形成された補綴物が主流でありましたが、口元から銀歯が見えてしまうため審美性に劣ってしまいます。また銀歯がもつ金属イオンが口の中に流失してしまう恐れがあり、金属アレルギーを引き起こす可能性も否定できず、補綴歯科においても課題となっています。

しかし、セラミックは天然歯に近い審美性に優れ、一目見ただけでは見分けがつかない程であり、「口元から銀歯が見えるのが嫌だ」「思いっきり笑えない」などといった、コンプレックスとなりかねない“銀歯”のデメリットをカバーすることができます。
注目されているセラミック治療とはどんな治療?詳しく解説!
セラミック治療のメリットとデメリット

次に、セラミック治療のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。セラミックを使用した補綴物の種類は様々ありますが、今回は主にセラミック自体の性質について、お話し致します。

【セラミック治療のメリット】
1) 審美性に優れている
前述でもご紹介したように、セラミックの補綴物は天然歯に近い色合いや透明感を再現することができ、審美性に優れています。金属を使用した補綴物の場合には、強度は増しますが天然歯が持つ透明感には欠けてしまいますが、オールセラミックの場合には金属を使用していないため、透明感をもった補綴物を作製することが可能となります。

2) 経年劣化しにくい
歯科用のプラスチックなどは、経年劣化に伴い食品の色素が沈着してしまったり、破損してしまったりするリスクも高いのですが、セラミックは陶器で出来ているために色素が沈着することもなく、経年劣化による破損リスクも低いものとなっています。

3) 金属アレルギーの心配がない
オールセラミックの場合には、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの人はもちろんのこと、金属アレルギーを引き起こす要因となることを防ぐことができます。

【セラミック治療のデメリット】
治療を受ける場合には、デメリットも把握しましょう。

1) 健康保険が適応しない
セラミックは場合によっては健康保険適応とならないために、比較的治療費が高価となり、全額自己負担となります。また、各歯科医院で価格を設定できるため、治療を受ける前におよその費用を確認することをおすすめ致します。

2) 他の歯への負担
セラミックは天然歯よりも硬いため、咬み合う歯(対合歯)に負担がかかる恐れがあります。歯が擦り減ってしまう、歯が痛む、歯が割れてしまうなどの恐れがある場合には、就寝時にナイトガードを装着するなどの対策が必要となるケースもあります。

3) 高度な技術が必要
セラミックの補綴物を作製するには、高度な技術が必要となり、歯科医師や歯科技工士によって仕上がりにムラが見られるケースも見受けられ、セラミック治療を行なう場合には、スキルや経験を持った歯科医院を選びましょう。
注目されているセラミック治療とはどんな治療?詳しく解説!
セラミック治療をおすすめする人

セラミック治療をおすすめしたい人は以下の通りとなります。

1) 審美性を優先する人
従来の“銀歯“では口元の審美性に欠けてしまいますが、セラミックは天然歯と見分けがつかない程の仕上がりになるため、審美性を保ちたいと考える人におすすめいたします。

また、天然の歯や歯科プラスチックの場合には、色素などが沈着してしまいますが、セラミックの場合には色素が沈着することなく、“茶渋などで歯が黄ばむ“”タバコのヤニなどが沈着“しにくく、審美性を保つことが可能となります。

2) 末永く維持したい人
  銀歯を失う原因の1つに二次虫歯があります。銀歯の場合には、目に見えない銀歯と歯の間にミクロ単位の隙間ができ、そこから虫歯菌が侵入し二次虫歯となってしまうリスクもあります。一方、セラミックは天然の歯と隙間をつくることなく装着できるため、二次虫歯を防ぐことが可能となり、銀歯より長く維持することが可能となります。
注目されているセラミック治療とはどんな治療?詳しく解説!
セラミック治療の流れ

最後にセラミック治療の工程の流れを確認しましょう。

1) カウンセリング
患者さまのご意見はもちろんのこと、どのように工程を経て治療が行われるか、健康保険は適応するかしないのか、患者さまがご納得した上で治療に臨めるように、ご説明いたします。

2) 歯牙形成・仮歯作製
セラミックの補綴物を設置するため歯を削り、セラミックができあがるまでの仮歯を作製します。

3) 型取り・仮歯調整
  仮歯を付けて1週間ほど時間を置き、セラミックを作製するための型取りを行います。必要に応じて、仮歯の調整を行います。

4) 歯の形・色を定める
型取りと同時に、歯の形や歯の色を決めていきます。

5) セラミック歯の作製
技工所で採取した歯型をもとに、セラミックを作製します。

6) セラミック仮装
できあがったセラミックを取り外しができるセメント(接着剤)で仮装着します。仮装着のまま1週間ほど使用します。

7) 咬み合わせ調整
仮装着のまま使用し、必要があれば咬み合わせを調整します。

8) セラミック本装着
問題がなければセラミックを本装着し、セラミック治療は完了となります。
注目されているセラミック治療とはどんな治療?詳しく解説!
まとめ

今回は、おすすめするセラミック治療について詳しくご紹介して参りました。従来の“銀歯”とは異なり、審美性や機能性に優れた補綴物であり、保険診療が適応されない場合もありますが、セラミック治療は更に需要を伸ばしていくでしょう。セラミック治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

コラムコラム

Arrow
Back to Top