コラムコラム

インプラントと入れ歯の治療を徹底比較

歯を失った場合にはいくつか選択肢があり、インプラントを選ぶ方も増えてきています。入れ歯とインプラントはそれぞれ治療の特徴があるので、比較してご自身に合ったものを選んでくださいね。そこで今回はインプラントと入れ歯の違いについてご紹介します。
インプラントと入れ歯の治療を徹底比較
【治療の特徴について】
・インプラント
インプラントとは、歯を失った部分に人工歯根を埋め込んでその上に被せ物をする治療法です。人工歯根を埋め込む際には外科手術が必要になるので、しっかりと事前に治療計画を立てることが大切です。
インプラントは、ほかの歯に負担をかけること無く、基本的に固定式の治療なので、安定感があります。費用面では、ほとんどの場合が保険外の治療なので、歯科医院ごとに費用に違いがあります。

・部分入れ歯
部分入れ歯はすべて入れ歯の総入れ歯と違い、部分的な入れ歯です。部分入れ歯は歯を失った部分以外の歯にばねをかけて使用する治療方法です。支えにばねを使用するため、見た目が目立ってしまい、周りの人に気づかれてしまうことも多いでしょう。
取りはずし式なので、食事をする際の安定感が劣ります。就寝時に外す必要がある点や歯ぐきと部分入れ歯の間に物が挟まってしまう点
や外して清掃が必要なので、人目が気になることがあります。
インプラントと入れ歯の治療を徹底比較
【インプラントと入れ歯の比較】

・かむ力
インプラントはほか歯に負担をかけることなく、安定感があり、しっかりとかむことができるようになります。部分入れ歯は固定式ではないので、安定感が少なく硬い物などをかむことが難しくなります。また、インプラントは入れ歯に比べて歯を失う前の状態でかむことができます。

・見た目
インプラントはほとんどが保険外の治療なので、被せ物の人工歯を自由に選択することができます。そのため、セラミックの素材を選ぶことができ、セラミックは変色することもなく、見た目も自然で満足度も高い治療です。
入れ歯は保険の中で治療することができますが、部分入れ歯の場合にはばねが目立ってしまいますし、人工歯も歯科用プラスチックの素材なので徐々に変色して黄ばんだようなることがあります。

・骨の吸収
入れ歯は失った歯の根の部分がなくなってしまうので、骨の部分に刺激が伝わらず骨の吸収が進んでしまいます。その点インプラントは骨に人工歯根を埋め込むので、骨に刺激が伝わり骨の吸収を防ぐ治療といえます。
インプラントと入れ歯の治療を徹底比較
費用
インプラントはほとんどの場合自由診療なので、保険の適応がなくその場合には平均で一本30~40万円程度の金額の歯科医院が多いでしょう。ただ、自由診療なので、金額の表示の仕方に決まりがなくインプラントと被せ物の金額が別の場合やほかに費用がかかることもあります。
格安インプラントとうたっている場合で提示された金額以外に費用がかかることもあるので、表示された金額以外に費用がかからないか確認しましょう。また、インプラントは虫歯の治療とは違い、ある程度期間がかかり、その後もメインテナンスで治療に通う必要のある治療です。
費用だけではなく、むりなく通うことができて、気になることは解決してくれ、寄り添ってくれる歯科医院を選びましょう。部分入れ歯は保険の範囲内で治療することができます。保険の割合によって金額が前後しますが、1万円以内で治療ができます。
保険外の場合には素材の違いによって費用が異なるので、歯科医院ごとに治療費用が変わります。

治療期間
インプラント治療はあごの骨にインプラントを埋め込んでから定着するまでに少し期間が必要で3~6カ月程度の期間が必要です。定着するまでに毎週通う必要はありませんが、お口の清掃や骨の状態の確認などで数回治療が必要です。
またその後に被せ物の型取りなどをする期間もあるので、入れ歯に比べると治療期間や治療回数は多くなります。
入れ歯はばねになる歯に治療が必要でない場合にはすぐに型取りができ、完成して調整をすると治療が終わるので、数回の治療で良いことが多いです。通院の負担が少ないことは入れ歯のメリットです。

違和感
インプラントは固定式なので、歯を失う前に比べて違和感の少ない治療です。それに比べて、入れ歯の場合には安定感が少なく、動きやすいため食事がしにくいことがあります。また、熱さを感じにくくなる場合や、味覚がわかりにくくなるなどのデメリットもあります。そして、入れ歯が強く当たってしまうと傷になってしまい歯ぐきに痛みが出てしまうこともあります。

治療するための条件
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込むのであごの骨が十分でないと治療することができません。骨造成などで骨を増やしてから行う場合もあり、その場合にはインプラントと同時に行うこともありますし、事前に骨を増やす手術をしてから行うこともあります。
また、全身疾患がある場合には治療が難しいこともあるのでかかりつけの医師と連携が必要なケースもあり、全身の状態を確認しながら治療をすすめていくこともあります。
インプラントと入れ歯の治療を徹底比較
インプラント治療が難しい場合の全身疾患
糖尿病
糖尿病は血液に流れるインスリンが十分に機能しないために起こる疾患です。糖尿病になると免疫機能が低下してしまうので、血糖のコントロールができていない糖尿病の方はインプラント手術が難しくなります。免疫機能が低下していると、細菌に対しての抵抗力が低下してしまうので手術した部分が感染して手術の成功率や治癒力の低下につながってしまいます。血糖のコントロールができている場合には手術ができることも多い疾患です。

心筋梗塞
心筋梗塞などの心臓疾患の方は血液をサラサラにするお薬を飲まれていることが多く、手術中に血液が止まりにくいことがあります。
また、半年以内に心筋梗塞に罹患された方はインプラント手術が難しいこともあるので、歯科医師に1度ご相談ください。

入れ歯は治療期間や費用の面で治療しやすいことがあります。また、インプラントはほかの歯に負担をかけることなくしっかりとかむことができ、見た目も自然です。それぞれの治療でメリット・デメリットがあるので比較してご自身にあうものを選んでくださいね。

コラムコラム

Arrow
Back to Top