コラムコラム

インプラントが変色する可能性と対処法

ブリッジや入れ歯より審美性に優れていると言われるインプラントではありますが、時間とともに変色してしまう可能性はあるのでしょうか?外科手術をしてまで埋め込んだインプラントを変色させることなく、できるだけ長く維持したいと考える人が大半なのではないでしょうか。そこで今回は、インプラントは変色してしまうのか、対処法を含めて詳しくご紹介していきましょう。

インプラントの構造のおさらい

はじめに、インプラントの構造を一緒に確認していきましょう。インプラントは人工歯根となるインプラント体と、人工歯の部分となる上部構造、それらを連結するアバッドメントで構成されています。

インプラントは変色するの?

天然歯は、食物残渣、プラークや歯石、食品などによる色素によって変色していきます。ペリクルと呼ばれる粘着性のある薄い膜が歯面に形成され、そこに汚れや色素が沈着することで、歯が変色していきます。その他にも加齢や先天性、薬品、神経の喪失などによって歯は変色していくこともあります。

インプラントもまた、上部構造である人工歯(補綴物)が変色するリスクをともない、「インプラントの変色」は、人工歯の部分である、上部構造の素材によって左右されていきます。インプラントの上部構造に適応される素材は主に以下の通りです。

ジルコニア

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれています。耐久性に優れスペースシャトルの外壁に使用されたり、親和性にも優れることから人工関節に活用されたりしています。また、天然歯と見分けがつかないほどに審美性にも優れ、ジルコニアは汚れが付着しにくく、変色しにくい素材として知られています。

メタルボンド

金属の枠組みにセラミック材を焼き付けた補綴物です。セラミックは陶材であり、衝撃にデリケートな部分はありますが、汚れは付着しにくく、変色しにくいことで知られています。
しかし、人工歯自体は変色しにくいのですが、メタルボンドと接する歯肉の辺縁が、経年劣化によって金属イオンが流出して、黒くなってしまう恐れがあります。

ハイブリッド前装冠

ハイブリッド前装冠は、金属の枠にセラミックとレジンを混ぜ合わせた、ハイブリッドセラミックを焼き付けた補綴物です。変色しやすいレジンを含むため、経年劣化にともない徐々に変色していきやすいことで知られています。

銀歯

銀歯はポピュラーな補綴物であり、金銀パラジウム合金でできています。金銀パラジウム合金は、金、銀、銅、亜鉛、パラジウム、すず、イリジウムなど複数の金属を混合させた合金でできています。審美性に劣り、経年劣化にともない金属イオンが流出し、周辺の歯肉が黒く変色していくリスクをともないます。また、変色のほかにもすり減ることで咬み合わせに影響がでる恐れもあります。

インプラントの上部構造は一般的に保険適応外の人工歯(補綴物)を装着する傾向がありますが、ご自身が装着している人工歯の素材の特徴と照らし合わせ、必要に応じて歯科医院へ受診し、変色を相談しましょう。

インプラントの変色を防ぐ対処法とは?

上部構造である人工歯(補綴物)の変色を防ぐためには、定期的にメインテナンスをうけ、歯ブラシでは落としきれない汚れや沈着している色素を除去しましょう。また、自身でおこなうセルフケアでも変色を防ぐことができます。


色素沈着しやすいと言われている食品を食べたり飲んだりした際には、速やかに歯をみがきましょう。歯磨き粉のなかには、色素沈着を防ぐ成分である『シリカ』や『ポリリン酸』が配合された歯磨き粉が販売されているので、使用するといいでしょう。

外出中や歯磨きをすることが困難な場合には、軽く水で口をゆすぐだけでも、効果的です。また、唾液には口の中を洗浄する役割もあるため、唾液の分泌を促すために、キシリトールガムなどを咬むと良いでしょう。

【インプラントの変色を防ぐ対象法】

▼食後の歯磨き
▼水で口をゆすぐ
▼色素沈着を防ぐ成分配合の歯磨き粉(シリカやポリリン酸)
▼口にする時間を減らす
▼歯科医院で定期的なクリーニング
▼唾液の分泌を促すためにガムを噛む

色素沈着しやすい原因と食べ物は?

インプラントの上部構造である人工歯(補綴物)は、口にする食品や嗜好品の色素が沈着することによって、変色していきます。
以下が色素沈着しやすい食べ物や嗜好品の一例です。

【色素沈着しやすい食べ物・嗜好品】

▼チョコレート
▼カレー
▼ケチャップ
▼イチゴジャム
▼醤油
▼ソース
▼緑茶
▼ウーロン茶
▼紅茶
▼コーヒー
▼赤ワイン
▼タバコ

特に嗜好品であるコーヒーやタバコは、習慣として常に口にするものでありますが、このように口にする回数が多ければ多いほど、色素が沈着しやすい環境となっていきます。


また、色素沈着による変色は人工歯(補綴物)だけではなく、天然歯にも共通していえることなので、天然歯の色素沈着にも留意しましょう。

インプラント上層構造部を交換しよう

インプラントの上部構造である人工歯(補綴物)の変色が気になる場合には、人工歯(補綴物)のみを交換することも視野に入れましょう。インプラントメーカーによってその仕様は異なりますが、多くの場合には、インプラントの上層部である人工歯(補綴物)を交換することができます。


「上層構造を交換するには、インプラントをまた埋め直さなければならない」と、とらえがちではありますが、人工歯根(インプラント体)部分はそのまま施術することなく、上部構造のみを作りなすことができます。また、新たに人工歯(補綴物)を製作する場合には、ジルコニアなどの変色しにくい素材を選ぶことをおすすめします。

以上、今回はインプラントの変色について詳しくご紹介してまいりました。インプラントの変色は、装着している人工歯(補綴物)の素材にも左右され、変色を防ぐためにも、定期的なメインテナンスとともに、歯のクリーニングが有効とされています。また、毎日おこなうセルフケアでも、色素沈着を防ぐ成分が配合された歯磨き粉を使用するなどして、変色を防ぐことができます。インプラントの事でお悩みの際には、お気軽にご相談ください。

コラムコラム

Arrow
Back to Top